So-net無料ブログ作成
検索選択
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート
           

ホルコン攻略で勝つパチンコを [パチンコ]

ホルコン攻略で勝つパチンコを



あなたは、パチンコで勝っていますか?

答えはNOでしょうね!

 

 現在のパチンコは昔のように釘を見て勝てるような仕組みにはなって

いないのです。

 あなたのパチンコの収支を改善し、コンスタントに勝つためには、

ホールコンピューター、いわゆるホルコンの仕組みを知って、それに対抗

する手段をもって打たなければなりません。

■はじめにパチンコ業界についてお話いたします。

パチンコ産業は、全国で16,000ホール、パチンコ台は490万台あると云

われています。その売上高はなんと30兆円・そして、この産業分野に従事

する人々は45万人、になると言う巨大規模になっているそうです。

そしてパチンコフアン人口は、今や1,700万人といわれています。

 パチンコの台を製造するメーカーも20社を越え、めまぐるしいほどに新製品

を開発し、激しい競争しています。

テレビのコマーシャルや、新聞の折込チラシでのイベント宣伝や、新機種入れ

替えなどの宣伝もも多くなりましたネ!

 

 その新製品をデザインする人、コンピュータのプログラムを開発する人そして

それを生産する人、周辺機器を生産し販売するメーカー、ホールに従事する人

などなどいろいろな分野で多くの人が従事しています。

例えば、全国に230店舗をもつパチンコ業のマル○○グループなどは年間

売上高が1兆8千億の売上、利益333億円従業員はなんと8,400人の

巨大企業になっています。

 

 最近のパチンコ台は大型液晶画面で、派手なアクションメカ、大きな音響と

LEDによるイルミネーション、有名芸能人やアニメーションを使っての動画

など大変な手間とコストをかけています。

これらのパチンコ台の価格は概ね25万~30万円だそうです。

くわえて頻繁な新台入れ替えとテレビや新聞の折込広告などが競争になって

います。

 この売上と利益、そして設備投資の費用は何処から出て居るのでしょう。

云うまでもありませんが、すべて皆さんの財布から出ているのです。

 

1人、1日ホールに行くと平均して約8千円の出費(負け)になるそうです。

月に10回行くとすればなんと8万円の負けということになります。

ただ、何の対策もなしに漫然と打っていると統計的にもこれだけの負けと

なってしまうのです。

つまり、普通の確率計算上では「パチンコは負けるのが当然」なのです。

 

それを承知で遊びとしてパチンコをする人はそれでもいいのですが

「パチンコで勝ちたい」と考える人は何か特別な対策をして『大当たり』

を得る確率を根本的に変えない限りは、コンスタントに勝ち続けること

は有り得ないのです。

このことをしっかり認識しなければなりません。

 プロと言われる人たちは、新台入れ替えの日に朝開店を待って新台ばかり

を狙ったり、毎日通って台の大当たり回数の傾向を見たりしてそれなりの

データーを取るなど努力をしているようです。

 

 また、インターネットでは、パチンコ必勝法に関する膨大な情報が高額で

販売されています。

 私の経験では、これらの情報はそのほとんどがガセネタと言っても過言では

ないでしょう!  

 過去に私も負け続けていた頃があります。

 この時にインターネットで、○○機種の必勝法と言う情報を大枚1万円を出

して買ったことがあります。

 どんなマニュアルが来るのかと期待していましたら、ナントたった1通の

メールが来てこんなことが書いてありました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。