So-net無料ブログ作成
検索選択
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート
           

ホルコン攻略で勝つパチンコを [パチンコ]

ホルコン攻略で勝つパチンコを



あなたは、パチンコで勝っていますか?

答えはNOでしょうね!

 

 現在のパチンコは昔のように釘を見て勝てるような仕組みにはなって

いないのです。

 あなたのパチンコの収支を改善し、コンスタントに勝つためには、

ホールコンピューター、いわゆるホルコンの仕組みを知って、それに対抗

する手段をもって打たなければなりません。

■はじめにパチンコ業界についてお話いたします。

パチンコ産業は、全国で16,000ホール、パチンコ台は490万台あると云

われています。その売上高はなんと30兆円・そして、この産業分野に従事

する人々は45万人、になると言う巨大規模になっているそうです。

そしてパチンコフアン人口は、今や1,700万人といわれています。

 パチンコの台を製造するメーカーも20社を越え、めまぐるしいほどに新製品

を開発し、激しい競争しています。

テレビのコマーシャルや、新聞の折込チラシでのイベント宣伝や、新機種入れ

替えなどの宣伝もも多くなりましたネ!

 

 その新製品をデザインする人、コンピュータのプログラムを開発する人そして

それを生産する人、周辺機器を生産し販売するメーカー、ホールに従事する人

などなどいろいろな分野で多くの人が従事しています。

例えば、全国に230店舗をもつパチンコ業のマル○○グループなどは年間

売上高が1兆8千億の売上、利益333億円従業員はなんと8,400人の

巨大企業になっています。

 

 最近のパチンコ台は大型液晶画面で、派手なアクションメカ、大きな音響と

LEDによるイルミネーション、有名芸能人やアニメーションを使っての動画

など大変な手間とコストをかけています。

これらのパチンコ台の価格は概ね25万~30万円だそうです。

くわえて頻繁な新台入れ替えとテレビや新聞の折込広告などが競争になって

います。

 この売上と利益、そして設備投資の費用は何処から出て居るのでしょう。

云うまでもありませんが、すべて皆さんの財布から出ているのです。

 

1人、1日ホールに行くと平均して約8千円の出費(負け)になるそうです。

月に10回行くとすればなんと8万円の負けということになります。

ただ、何の対策もなしに漫然と打っていると統計的にもこれだけの負けと

なってしまうのです。

つまり、普通の確率計算上では「パチンコは負けるのが当然」なのです。

 

それを承知で遊びとしてパチンコをする人はそれでもいいのですが

「パチンコで勝ちたい」と考える人は何か特別な対策をして『大当たり』

を得る確率を根本的に変えない限りは、コンスタントに勝ち続けること

は有り得ないのです。

このことをしっかり認識しなければなりません。

 プロと言われる人たちは、新台入れ替えの日に朝開店を待って新台ばかり

を狙ったり、毎日通って台の大当たり回数の傾向を見たりしてそれなりの

データーを取るなど努力をしているようです。

 

 また、インターネットでは、パチンコ必勝法に関する膨大な情報が高額で

販売されています。

 私の経験では、これらの情報はそのほとんどがガセネタと言っても過言では

ないでしょう!  

 過去に私も負け続けていた頃があります。

 この時にインターネットで、○○機種の必勝法と言う情報を大枚1万円を出

して買ったことがあります。

 どんなマニュアルが来るのかと期待していましたら、ナントたった1通の

メールが来てこんなことが書いてありました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

【CFD】~FXを超えた!無限の可能性を秘めた新世紀の投資ツール~ [ビジネス・情報]

【CFD】~FXを超えた!無限の可能性を秘めた新世紀の投資ツール~

例えば、アメリカ市場では
マクドナルドやウォルトディズニー、コカコーラなど数多くの
大手企業銘柄が取引できます。どれも日本でも超有名な企業ですよね?

さらに、ヨーロッパ市場であれば、
フランスならシャネルやカルティエ、ドイツならポルシェやベンツ
オランダならIKEAやハイネケン、イギリスならダイソンやバーバーリーなど、

こうしてみると、一度は我々日本人が聞いたことのある企業、
馴染み深い企業が世界にもたくさんあるのです。




国内にとどまらず、
成長力の高い海外企業に投資ができるチャンス
だと思いませんか??




また、株価指数取引においても冒頭の例のように、
日本の日経平均株価指数取引だけでなく、
世界の主要国の株価指数取引ができます!

債券や商品(コモディティ)先物に関しても同じことが言えます。
CFDでの取扱い債券は、国債がメインとなっており、
取扱い債券も日本国債・アメリカ国債2・5・10・30年物など実に多彩です。

また商品(コモディティ)先物CFDでは、東京・ニューヨーク・シカゴ・ロンドンなど
世界中の商品先物市場での取引が可能です。

このように、CFDでの取引をマスターすれば、
世界を股にかけたグローバルな投資がひとつの口座で簡単に行えるようになります。

そして、その全てを証拠金取引というメリットを生かし、少額の資金で取引可能なため、
従来の取引より、巨大なトレーディングパワーを発揮できるのも大きな魅力と言えるでしょう。




今までFX、株式、指数取引、商品先物など、
様々な取引をされている投資家の皆様のニーズをすべて満たすことが
出来るだけでなく、それをひとつの口座で管理できるということです。




こうしてみると、CFDはFXの発展系、
つまりFXの概念を株、指数、先物などに拡大したものなのです。

これがCFDがポストFXと呼ばれる所以です。
これは非常に革新的なメリットと言えるのではないでしょうか?

たとえば、株式のように好景気でしか上がらない投資対象もあれば、
国債のように不況のタイミングで上昇する金融商品があります・・

こういった世界中の多様な銘柄を取引できるCFDを活用すれば、
好況、不況にかかわらず、投資収益をあげることが可能となるのです。




こういったメリットを享受して頂くため、
CFD取引を国内外に先駆けていち早く研究し、実践してきた当研究所では、
今回満を持して「プロ直伝のCFD取引実践マニュアル」を無料プレゼント致します!




今回、CFD総研が発売したマニュアルでは
初心者の方でも簡単に、上述の
「香港ハンセン指数 買 × 日経225指数 売」
をはじめとする“CFD取引の極意”を実践できるように
実際のチャートや具体例を交え、詳細な説明を行っております。

さらに、
実際に、ヘッジファンドマネージャーGENSINが
利用しているCFD投資戦略も載せておりますので
非常に実践的な内容となっております。

つまり、このマニュアルを無料でゲットすることで
あなたは“ヘッジファンドの極意”をCFDを通じて実践でき
安定した継続収益をあげることが可能となるのです。

CFDは現在世界中で金融革命を起こしていますが、
このマニュアルは、そのメリットを最大限発揮するための
「CFD取引のバイブル」と言えると思います。




この無料プレゼント予告なく終了します。
(残り82名様で終了です。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

FX自動売買システムが誰でも簡単につくれます [FX]

FX女神 MT-Complex



VT trader をお使いの方は 一度は目にしたことがある「VT-Trading System

ご利用された方も多いと思います。

インジケーターのパラメータ値を各自好きな値に設定してチャートに売り買いのシグナルを発生させます。

そのシグナルで自動売買をすることも出来る優れものです。


しかし、、、トレード結果は散々たるものになったのでは?


シグナルが出現して自動売買開始!・・・ここまでは優れています。

でも、結果がでない。。。

その理由は、レンジ相場に弱いからです。

「VT-Trading System」はドテン決済をします。

※ドテン決済とは=保有中のポジションを逆のポジションに持ち替える

大きなトレンドのシグナルでは利益がでますが、、、

無駄に何度もドテンを繰り返して損失を増やします。


体験者の方は・・・きっとこう思ったハズ。。。


「リミットが自動で設定できていたらなぁ。。。」


現状では、自動でエントリーしたポジションにリミットやストップを設定することは手動でするしか方法がありません。

自動でエントリーしたら・・・自動でリミットもできなきゃ・・・意味がない!

エントリーする時はブーブー音は鳴りますが、10pipsや15pipsで決済をしたい時などはリミットの設定に間に合わないことがあります。

いつ出現するのかわからないシグナルです。


パソコンの前に24時間待機するわけにもいきません。


どーして、ここまで Visual Trading Systems さんは作ってくれなかったのか・・・いつも私は不満でした。

ということで・・・優れたプログラマーさんに作ってもらうことにしました!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。